この 2016年12月 も注目の 英語学習法を!

海外で 外国人に 通じる英語を

英語を習得するなら実際に海外で通じる英語、外国人と意思疎通できる英語を身につけたいですよね。

教科書ができたから。学校のテストがいいから。でも、だから通じるというわけではありません。

実際の英語にはスラングや訛り、教科書には書かれていないいろいろな要因もあります。 しっかりした「耳づくり」が非常に大切です。

英語の音に「耳」も「脳」もしっかり慣れる事が、イレギュラーにも対応できる、コミュニケーション力アップの重要なポイントです。

暗記の努力も、机も要らない英語学習

英語学習で暗記えお苦痛と感じる人は多いです。 でも暗記の努力が不要な英語学習方法があります。

【聞き流すだけ】のスピードラーニングです。 聞き流すことで、英語の発音やフレーズ、使いまわしに慣れていきます。 4人中3人が成功を実感したそうです。

スピードラーニングは、暗記しようとか、理解しようとかしないで、【聞き流し】たほうが、楽ですし効果もいいようです。

スピードラーニングで聞き流すCDには、実用的な会話やフレーズが収録されています。 ですのでつい暗記しないと不安になるかもしれませんが、聞き流しているうちに、自然に英語が身につくと喜ばれています。


話題の若手プロゴルファー・石川遼選手もスピードラーニングを愛用。
期待のプレッシャーもなんのその 結果を出し続ける石川遼プロ。
忙しい石川遼プロの英語学習を支える スピードラーニング です。
* * * * * * * * * * * * * * *

聞こえない英語の発音
英語が聞き取れなかったり、早口に聞こえたりするのは、英語の音に十分慣れていないからです。もともとに本字には慣れない音が英語にはたくさんあります。それが壁になって、英語を聞いたり話したりすることを難しくしています。でも慣れない音なら慣れればいいんです。たくさん聞いて英語の音に耳も脳もどんどん慣らしましょう。

英語は才能?
才能がないと英語ができないのでしょうか?そんなことはありません。英語は言葉で、言葉は人間にとって誰もが習得できる能力です。「大人になってから始めた」という理由だけで習得できないはずがありません。ですので、がんばっても英語が身につかないという人は、方法が間違っている可能性が高いと思います。成功者がいる実績のある方法に乗り換えましょう。

営業の英語力
営業職はコミュニケーションが仕事です。つまり、コミュニケーションの基礎となる英語はすごく相性のあうスキルかもしれませんね。もちろん英語が話せるだけでは仕事になりませんが、英語が話せることで可能性は広げる事ができるはず。今すぐは必要なくてもいずれは大切なスキルになるかもしれません。

技術職に必要な英語
技術職にも英語がどんどん重要な能力になってきています。仕事に使うツールや機械のマニュアルが英語だったり、生産のグローバル化で海外担当者とのコミュニケーションが必要になったり、英語がますます重要になってきています。今は使っていなくてもいつ英語が必要になるか分かりません。必要になってからバタバタしないためにも、早めに始めておいたほうが良いかもしれませんね。

年齢と英語習得
英語習得は若いうちにほうが良いというイメージがあります。実際そうかもしれませんが、英語を始めるのに 遅すぎる ということはありません。例えば、聞き流すだけいの英語教材スピードラーニングは10代~60代以上の人に利用されています。高齢の人からも英語習得の喜びの声も届くそうです。ちなみに最高齢は80代とか。年齢を理由に英語をあきらめるのはもったいないですよ。

驚きの海外の生活習慣
海外に行くと必ずあるのが生活習慣の違いに驚かされることです。事前に知らなければ、恥をかいたり、トラブルに巻き込まれることもあります。言葉も大事ですが、生活習慣について重要なことはきちんと押さえておきたいですね。ちなみに、スピードラーニングでは生活習慣についても収録されていますので、英語と生活習慣同時に学べます。便利な教材ですね。

石川遼選手の英会話のひけつ
石川遼選手は人気の若手プロゴルファーです。海外にも挑戦し、英語の会見でも自前の英語で受け応えしています。ジョークを混ぜるなど余裕さえ伺えます。そんな石川遼選手の英語のひけつは、聞き流すだけいの英語教材・スピードラーニングでした。忙しい石川遼選手の英語上達はスピードラーニングが支えていたんですね。

ホテルマンと英語
地方においてもホテルマンに英語が必要になってきています。地方企業でも海外との取引が当たり前となっており、商談など様々理由で地方にも海外からの宿泊の需要がでてきています。そのため、海外からの電話予約や、お客さんがホテルで過ごすのに最低限必要な英語や語学の力が必要とされているのでした。

社内公用語
社内公用語として英語を用いる会社が広がっています。経済活動のグローバル化は、日本での仕事のあり方も変えています。言葉が英語に変わることは、常に世界を意識した仕事が要求されているということを示してると思います。日本にいても英語はどんどん必須になってきています。

通じる英語、通じない英語
学校で一生懸命勉強して英語でもいい成績を取ったのに、なぜか英語が使えていない人は多いです。もったいないですね。通じる英語には大事な事があります。「聞く」力です。聞く力がつけば、英語はますます楽しくなり、モチベーションももっと高まっていくでしょう。通じる英語には「聞く」ことが重要です。

【スピードラーニング】
↑↑ クリック ↑↑
暗記に頼らない英語学習
英語の習得で「聞く」は、意外に重要です。

日本人に慣れない音が英語習得の大きな壁。 でも慣れない音なら慣れればいいんです。

【聞き流す】だけの学習なので、学習のストレスは最小限。 英語だけだと退屈でも、英語のあとに日本語が流れるので意味も分かって楽しめます。 スキマ時間や急な空き時間もムダにしません。

勉強嫌い忙しい人、英語苦手、スクールで失敗した人、こっそり英語を習得したい人、などにも喜ばれています。

あの話題の若手プロゴルファー・石川遼選手も愛用。 「ゴルフ」と「英語」の両立にスピードラーニングを活用しています。


↑↑ クリック ↑↑
やる気を 楽しく 実力に

英語no失敗

女性(20代)
 海外旅行で言葉が通じないのが悔しくて、英会話教室に通いました。 ネイティブの先生がいて、雰囲気もいい教室でした。 でも、積極的に話す他の生徒のように、なかなか英語が出てこなくて... 自分が恥ずかしくなって、続きませんでした。

男性(50代)
 近頃会社で海外の話題も多いし、いつ仕事で英会話が必要になってもいいようにと、英会話に挑戦することに。 有名な英会話教室に入りました。
 でも始めてみると、時間を作るのが大変で...。 ほとんど手応えを得られないまま 断念してしまいました。 残念です。

男性(30代)
 聞き流す「スピードラーニング」のCMを見て、もしかして! 「英語音声ならなんでもいいのかな」と勘違い。 英語の音声をいろいろ集めて聞き続けました。
 1ヶ月くらい続けましたがダメでした。 意味も分からない英語を聞き続けても、とにかく退屈。そして分からないことがストレスに。続けるのが嫌になって止めました。 時間をムダにしたようです。(汗)
 聞き流す英語は、何でもいい訳ではないようです。


英語と英会話1

[北海道]

[東北]

[関東]

[中部]

[近畿]

[中国]

[四国]

[九州]

注目

リンクについて

| ムリない学習で英語・英会話苦手な英語・英会話やり直し

ご感想・お問合せ等

Copyright © 2007-2011 ムリしないで習得!英語と英会話. All rights reserved