この 2018年04月 も注目の 英語学習法を!

海外で 外国人に 通じる英語を

英語を習得するなら実際に海外で通じる英語、外国人と意思疎通できる英語を身につけたいですよね。

教科書ができたから。学校のテストがいいから。でも、だから通じるというわけではありません。

実際の英語にはスラングや訛り、教科書には書かれていないいろいろな要因もあります。 しっかりした「耳づくり」が非常に大切です。

英語の音に「耳」も「脳」もしっかり慣れる事が、イレギュラーにも対応できる、コミュニケーション力アップの重要なポイントです。

暗記の努力も、机も要らない英語学習

英語学習で暗記えお苦痛と感じる人は多いです。 でも暗記の努力が不要な英語学習方法があります。

【聞き流すだけ】のスピードラーニングです。 聞き流すことで、英語の発音やフレーズ、使いまわしに慣れていきます。 4人中3人が成功を実感したそうです。

スピードラーニングは、暗記しようとか、理解しようとかしないで、【聞き流し】たほうが、楽ですし効果もいいようです。

スピードラーニングで聞き流すCDには、実用的な会話やフレーズが収録されています。 ですのでつい暗記しないと不安になるかもしれませんが、聞き流しているうちに、自然に英語が身につくと喜ばれています。


話題の若手プロゴルファー・石川遼選手もスピードラーニングを愛用。
期待のプレッシャーもなんのその 結果を出し続ける石川遼プロ。
忙しい石川遼プロの英語学習を支える スピードラーニング です。
* * * * * * * * * * * * * * *

個人輸入というビジネス
インターネットでショップをオープンし、個人輸入で商品を仕入れるタイプのビジネスが広がっています。ノウハウを教える塾のような仕組みもあり、拡大を後押しているようです。輸入と言うことは海外とのコミュニケーションが大事ですので、英語や語学力を活かせる仕事ができそうです。

英語で道を聞かれて
人通りの少ない通りを歩いていると、突然英語で道をたずねられました。そのときは、心の準備もなくびっくりして、しっかり内容を聞く気持ちの余裕もなく、分からないと言って逃げるようにその場を後にしたのでした。後で考えると失礼な対応だったと悔やんだのでした。

海外旅行をきっかけに英語習得
海外旅行は英語を習得するためのビッグチャンスです。海外旅行を控えることで、英語に対するモチベーションは自然に高まります。しかも、身につけた英語を実際に海外旅行で腕試しできます。海外旅行も英語ができることで、もっと充実しますね。海外旅行で英語に対する自信を深めても、無くしても、それがまた次のモチベーションになることでしょう。

英語を続けるコツ
英語学習がなかなか続かない人は多いです。その原因は何でしょうか?「忙しくなって時間が取れなくなった」「面倒になった」「英語が必要なくなった」・・・。最初の気持ちのまま続ける事ができれば一番いいのですが、なかなかそうもいかないようです。英語を続けるには、モチベーションに配慮するのも大事ですが、できるだけ負担の少ない学習方法を選ぶことも重要です。

空港での英会話
海外旅行では、当たり前のことですが空港から言葉が違います。空港内の案内も、税関なども、日本語では通じない世界です。当たり前のこととはいえ、案外はじめての海外旅行ではびっくりすることもあります。失敗しないために最低限のコミュニケーションは準備しておきたいところです。

翻訳なら在宅で
英文を日本語に訳したり、日本文を英語に訳したり、翻訳の仕事はインターネットを利用すると在宅でできる仕事です。英語など語学力にさえ自信があるなら挑戦してみてもいいかも。育児や介護で外では働けないという場合でも不可能ではないです。語学力とやる気しだいです。

英語学習、「聞く」が重要
英語学習は「聞く」ことが大事です。基本といってもいいかもしれません。そもそも英語には日本人に慣れない音がたくさんあり、英語を聞く・話すときの大きな壁になっています。英語の音に慣れる事が英語習得ではすごく大事です。音になれないままだと、いつまでも英語が早口に聞こえることでしょう。まずは「聞く」力を高めましょう。

TOEIC対策
TOEICは英語の試験の中で最も有名ですね。このスコアが就職や昇進などの目安になることも多い重要な試験です。ですので、TOEICのスコアを目標に英語を学習する人も多いです。このTOEICはリスニングに重きをおいているので、リスニング力のアップはスコアアップにかなり貢献できます。ですので、暗記に頼らない聞き流すだけの英語学習も有効ですね。

子供の英語
自分の子供に赤ちゃん・幼児期から英語を始めさせる親御さんが増えています。英語に対する関心が高まっているということですね。さらに、子供英語教材が普及し、知名度的にも一般的になってきた事も影響しているでしょうね。子供英語教材を利用すれば、親の英語力に関係なく、子供が遊びを通じて英語に触れ、自然に慣れていく事ができます。逆に子供の英語力に刺激されて英語を始める親御さんも少なくないです。

小学校から英語
昔は英語といえば中学校から学ぶものでした。しかし、今は小学校から英語を学びます。そして、幼児教育が一般的に成ったことから、幼児のころから英語を学ばせる家庭が増えています。英語ができることが当たり前になる社会も時間の問題なのかもしれませんね。

【スピードラーニング】
↑↑ クリック ↑↑
暗記に頼らない英語学習
英語の習得で「聞く」は、意外に重要です。

日本人に慣れない音が英語習得の大きな壁。 でも慣れない音なら慣れればいいんです。

【聞き流す】だけの学習なので、学習のストレスは最小限。 英語だけだと退屈でも、英語のあとに日本語が流れるので意味も分かって楽しめます。 スキマ時間や急な空き時間もムダにしません。

勉強嫌い忙しい人、英語苦手、スクールで失敗した人、こっそり英語を習得したい人、などにも喜ばれています。

あの話題の若手プロゴルファー・石川遼選手も愛用。 「ゴルフ」と「英語」の両立にスピードラーニングを活用しています。


↑↑ クリック ↑↑
やる気を 楽しく 実力に

英語no失敗

女性(20代)
 海外旅行で言葉が通じないのが悔しくて、英会話教室に通いました。 ネイティブの先生がいて、雰囲気もいい教室でした。 でも、積極的に話す他の生徒のように、なかなか英語が出てこなくて... 自分が恥ずかしくなって、続きませんでした。

男性(50代)
 近頃会社で海外の話題も多いし、いつ仕事で英会話が必要になってもいいようにと、英会話に挑戦することに。 有名な英会話教室に入りました。
 でも始めてみると、時間を作るのが大変で...。 ほとんど手応えを得られないまま 断念してしまいました。 残念です。

男性(30代)
 聞き流す「スピードラーニング」のCMを見て、もしかして! 「英語音声ならなんでもいいのかな」と勘違い。 英語の音声をいろいろ集めて聞き続けました。
 1ヶ月くらい続けましたがダメでした。 意味も分からない英語を聞き続けても、とにかく退屈。そして分からないことがストレスに。続けるのが嫌になって止めました。 時間をムダにしたようです。(汗)
 聞き流す英語は、何でもいい訳ではないようです。


英語と英会話1

[北海道]

[東北]

[関東]

[中部]

[近畿]

[中国]

[四国]

[九州]

注目

リンクについて

| ムリない学習で英語・英会話苦手な英語・英会話やり直し

ご感想・お問合せ等

Copyright © 2007-2011 ムリしないで習得!英語と英会話. All rights reserved