過払い金とは

過払い金とは、文字通り払いすぎたお金ということです。

消費者金融やクレジットカードのキャッシングにおいて、金利が年15%~20%(利息制限法の上限金利)を超える場合、超えた金利分は無効とすることができ、それによって払いすぎた分が「過払い金」です。過払い金は、決まった方法で手続きすると返還してもらえます。

過払い金返還は、主に任意整理として行われ、信用情報には金融事故として記録が残ることになります。つまり、過払い金返還を受けて暫く(5~10年くらい)は、お金を借りることが難しくなるということです。

Line

過払い金返還の影響

過払い金返還により、消費者金融やクレジットカード会社などの貸金業者は収益の大幅減や赤字を余儀なくされました。2007年度決算がその影響が顕著でした。大手消費者金融は軒並み大赤字でした。クレジットカード会社ではショッピングが好調なこともあり、赤字を免れた会社も多かったですが、そんな会社でも減収は免れなかったようです。

一方で多くの多重債務者が過払い金返還により、借金生活に終止符をうったようです。ちなみに、過払い金の返還を受けるということは、信用情報上は金融事故として記録されるため、その手続きを行った債務者は、暫くお金を借ることが難しくなります。

Line

クレジットカードの一口情報

収支のバランス
クレジットカードはとても便利であるため、利用については注意も必要です。きちんと収支のバランスを考えた利用をしないと、あとで、返済に窮する事態を招いてしまいます。クレジットカードと上手に付き合うことが社会人の務めですね。

信用情報の本人確認
信用情報はお金を借りたり、クレジットカードを作ったりするときの審査に使われる大事な情報です。そんな信用情報は、本人に限りその内容を確認することができます。自分の信用情報が気になる人は、確認してみてもいいかもしれませんね。

2種類の年会費無料
年会費無料のクレジットカードには2つのタイプがあります。ずっと年会費無料(永年無料、永久無料)のものと、初年度年会費無料で利用金額など条件をクリアすれば次の年も年会費無料となるものです。きちんと確認しましょうね。

キャッシングの一口情報

金利をチェック
ローンやキャッシングでは金利のチェックが重要です。金利が低いほど審査は厳しくなる傾向はありますが、できるだけ金利は安いほうがいいですよね。また、広告に出されている金利が自分に適用されているかの確認や、金利が変わることがないかも知っておきたいことですね。

クレジットカードでキャッシング
クレジットカードの利用にはショッピングとキャッシングがあります。クレジットカードといえばショッピングというイメージが強いと思いますが、意外にキャッシングでも利用されています。不足分をチョット借りて、次の支払いで返すというパターンは多いようです。

キャッシングの金利
キャッシングの金利は会社により、また借りる人の信用力により異なります。でも上限金利は法律で決まっています。2006年末の改正貸金業法などにより上限金利は融資額が大きいほど下がり、20%、18%、15%の3つとなりました。この法律の前は20%を超える金利でも、出資法の上限29.2%まではグレーゾーン金利と呼ばれ普通にキャッシングの金利としてもありました。法改正で20%~29.2%はグレーではなくしっかり黒となったので、法律の施行後のキャッシングでは違法となります。

学生でもキャッシング
学生にも利用できるキャッシングがあります。学生専用のキャッシングもあります。学生ローンやキャンパスローンなどという名称が目印です。学生と言っても、多くの場合20歳以上が対象となっています。クレジットカードでキャッシングできるものもありますね。ただし、利用は十分注意が必要です。便利なだけに使いすぎには注意したいです。

過払い金
貸金業法の改正により以前はグレーゾーン金利と呼ばれていた金利について無効となり、適切な手続をとれば、利息の払い過ぎとして返金してもらえることになりました。いわゆる過払い金の返還です。これにより多くの人がお金を取り戻すとともに、ローン会社には大きな痛手となったのでした。

クレジットカードと海外旅行
海外旅行が多い人は、ゴールドカードやプラチナカードを持っていたほうがお得です。空港の専用ラウンジが使えたり、海外旅行傷害保険なども充実しています。さらに、ポイントが優遇されていることも多いです。

信用情報
信用情報は個人のローンやキャッシング、その返済状況など履歴などが記録された情報です。信用管理機関が情報の収集管理を行っており、クレジットカード会社や消費者金融等の金融会社が利用者に対する審査を行う時に利用します。

クレジットカードと電気料金
クレジットカードはいろいろ使えますね。電気の料金もクレジットカードで支払いができます。料金支払いをクレジットカードにすれば、ポイントが貯まるカードもあるようですし、記録が残るので家計簿をつけるのも楽になりそうです。電気料金のクレジット支払いは2005年~2007年に開始されました。


クレジットカード用語

初めての方へ

利用者別カード選び

目的別カード選び

ネットショッピングで

ゴールド・プラチナ

カードでお得!便利!

何かと便利

クレジットカードの話

クレジットカード用語

サイトについて


お問い合わせ

リンクに関して・お問い合わせ等はこちらから。 (※スパム対策ですので、お手数ですがメールアドレス内の「_」を「半角@」に変更願います。)


Copyright © 2007 クレジットカードが欲しい!作る!目的別・利用者別クレジットカード選び情報. All rights reserved