カードホルダー

クレジットカード会員のことです。カードを持っているからでしょうね。

Line

クレジットカードの一口情報

クレジットカードの明細書
クレジットカードの利用では、きちんと明細書を確認しましょう。請求額が正しいかどうか、見に覚えのない請求がないかなどですね。そうすることが、他人による不正使用の早期発見にもつながります。

割勘には注意
クレジットカードを使うと持ち歩く現金が少なくて済み助かります。その一方で、注意したいのは、多くの仲間と遊んだり飲食したりするときです。割勘となると、現金がないと不便なこともあるからです。そんなときは現金も忘れられないですね。

提携カード
クレジットカード会社が、他の企業や団体などと提携して発行するクレジットカードのことを提携カードといいます。世の中には、ものすごい数の提携カードが発行されています。

キャッシングの一口情報

ローンとキャッシングの違い
ローンにはいろいろあります。住宅ローンやマイカーローンなど、目的を定め比較的大口で担保や保証人が必要なものから、目的が自由なフリーローン、無担保ローンのようにより気軽なものもまで。一方でキャッシングというと無担保・保証人ナシで気軽に借りれるイメージです。無担保ローンの中にはキャッシングと区別が難しいものもありますね。

急な出費に便利なキャッシング
急にお金が必要になったけど、給料日まで1週間あるというような場合、キャッシングはすごく便利です。親や友人にお金を借りるというのは頼みにくいですし、お金のことで気まずくなるのも嫌ですよね。キャッシングなら小口の金額なら気軽に利用できるところが多いですし、便利です。使いすぎには注意が必要ですが、キャッシングの使いこなしは現代人の一つの常識かもしれませんね。

金利をチェック
ローンやキャッシングでは金利のチェックが重要です。金利が低いほど審査は厳しくなる傾向はありますが、できるだけ金利は安いほうがいいですよね。また、広告に出されている金利が自分に適用されているかの確認や、金利が変わることがないかも知っておきたいことですね。

クレジットカードでキャッシング
クレジットカードの利用にはショッピングとキャッシングがあります。クレジットカードといえばショッピングというイメージが強いと思いますが、意外にキャッシングでも利用されています。不足分をチョット借りて、次の支払いで返すというパターンは多いようです。

キャッシングの金利
キャッシングの金利は会社により、また借りる人の信用力により異なります。でも上限金利は法律で決まっています。2006年末の改正貸金業法などにより上限金利は融資額が大きいほど下がり、20%、18%、15%の3つとなりました。この法律の前は20%を超える金利でも、出資法の上限29.2%まではグレーゾーン金利と呼ばれ普通にキャッシングの金利としてもありました。法改正で20%~29.2%はグレーではなくしっかり黒となったので、法律の施行後のキャッシングでは違法となります。

クレジットカードの保険
クレジットカードには保険や保障があります。クレジットカードによってその内容は異なりますが、例を挙げると、カード紛失の保障、国内旅行傷害保険、海外旅行傷害保険、ショッピング保険などがあります。

年会費無料のクレジットカード
年会費無料のクレジットカードはお得で便利な上に、気軽ですね。もっていても、邪魔にならないですし、助かります。年会費無料といっても、年会費有料のクレジットカードに負けないくらい充実したクレジットカードは結構あります。

金利引き下げ
2006年末の改正貸金業法の成立により、上限金利が15%~20%に引き下げられました。この法律の成立前後からクレジットカード会社や消費者金融等では、キャッシングやローンの金利を引き下げるよう動いています。金利引き下げの期限はこの法律の施行までですが、金利引き下げを前倒しする業者が多いです。


クレジットカード用語

初めての方へ

利用者別カード選び

目的別カード選び

ネットショッピングで

ゴールド・プラチナ

カードでお得!便利!

何かと便利

クレジットカードの話

クレジットカード用語

サイトについて


お問い合わせ

リンクに関して・お問い合わせ等はこちらから。 (※スパム対策ですので、お手数ですがメールアドレス内の「_」を「半角@」に変更願います。)


Copyright © 2007 クレジットカードが欲しい!作る!目的別・利用者別クレジットカード選び情報. All rights reserved