実質年率

実質年率とは、1年後に一括返済した場合の金利です。

1年に満たないで、部分的あるいは全額を返済する場合が多いですが、その場合は日割計算や月割計算が行なわれたりします。

Line

クレジットカードの一口情報

信用情報の本人確認
信用情報はお金を借りたり、クレジットカードを作ったりするときの審査に使われる大事な情報です。そんな信用情報は、本人に限りその内容を確認することができます。自分の信用情報が気になる人は、確認してみてもいいかもしれませんね。

支払い自由のクレジットカード
クレジットカードの支払方法の自由度が高まっています。月々の支払いのほか、余裕があるときは追加支払いができるというタイプのクレジットカードのラインナップが充実しています。早く返済するれば、その分利息が浮きますので、いいことですね。

オートチャージ
クレジットカードとプリペイド型の電子マネーを組み合わせて利用すると、オートチャージという便利な機能が使えます。電子マネーのチャージをクレジットカード経由で必要に応じて自動的に行うという優れものです。便利ですね。

キャッシングの一口情報

キャッシングの審査ポイント
キャッシングを受けるさいに受ける審査ではどんな事をチェックされるのでしょうか?キャッシング会社によって審査基準は異なりますが、主に年収や職業、住居形態、信用情報(その前までのローンやクレジットカードの利用経歴など)、年齢、性格などです。かなり広い項目が対象になりますね。

ネットで利用したいキャッシング
ネットで利用できるキャッシングがあります。キャッシングを提供する会社によって手続きは異なりますが、店舗に行くことなくキャッシングできるところは結構あります。身分証明書を郵送したりFAXしたりするなどの手間もありますが、便利ですし、知人に知られる可能性が低いので気が楽ですよね。

金利ゼロ
期間限定などのキャンペーンで金利ゼロをうたうキャッシングやローンを目にしました。例えば最初の月が金利ゼロなどですね。ついつられそうになりますが、利用する期間を考えて最終的に有利な金利を選ぶほうがいい場合もあります。でも金利ゼロと聞くとなんだか気持ち的には借りやすくなるのでした。

ネットバンキング
インターネットでの決済など、インターネットバンキングがすごく便利です。またネット銀行だと金利が有利だったり、独自のポイントサービスがあったりと魅力もあります。インターネットが当たり前のものとなり、銀行までネット抜きにでは考えられなくなったようです。

アルバイトやパートとローン
アルバイトやパートの場合、正社員に比べて審査が通りにくい面はありますが、ムリではありません。例えばアルバイトやパートでも同じところで長く働いていれば、転々と仕事を変えているより審査が通りやすくなります。また、複数の金融会社から借り入れしていないか?これまでの返済記録で滞納がないか?なども審査で重要になってきます。

金利見直し
2006年末に成立した改正貸金業法が運用に移る段階で、各社のクレジットカードの金利が見直しされました。引き下げ、引き上げいろいろです。自分のクレジットカードの金利について、たまには再確認することも大切ですね。

収支のバランス
クレジットカードはとても便利であるため、利用については注意も必要です。きちんと収支のバランスを考えた利用をしないと、あとで、返済に窮する事態を招いてしまいます。クレジットカードと上手に付き合うことが社会人の務めですね。

過払い金返還
過払い金返還の話題が巷に溢れています。過払い金が返還されて、借金が帳消しになったという話しも聞きます。でも、過払い金の返還を受けるということは、信用情報に金融事故として記録が残ることなので、その後5~10年間はクレジットカードや新規ローンが難しくなるようです。注意したいですね。


クレジットカード用語

初めての方へ

利用者別カード選び

目的別カード選び

ネットショッピングで

ゴールド・プラチナ

カードでお得!便利!

何かと便利

クレジットカードの話

クレジットカード用語

サイトについて


お問い合わせ

リンクに関して・お問い合わせ等はこちらから。 (※スパム対策ですので、お手数ですがメールアドレス内の「_」を「半角@」に変更願います。)


Copyright © 2007 クレジットカードが欲しい!作る!目的別・利用者別クレジットカード選び情報. All rights reserved